スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茜ちゃんのベッド

2008年08月29日 11:32

布製品に噛み付く猫には不向きだから…と、
迷いに迷った末に和柄ベッドをご購入くださったK.S.様から
かわいい写真つきのメールを頂戴しました。


思ったよりも生地がしっかりしていましたので、安心しました。
あまり綺麗な画像ではないのですが、我が家の末っ子の茜が気に入ってベットに
よく入っています。

ベットは大人気で、6匹中4匹が競って入っています。
それぞれがとても似合っていて(親ばかですみません)、本当にこのベットを
購入して良かったです。



「このベッド、アタシのだから。渡さないんだから。」
アタシのだから。渡さないから。


あら…?
あんこ?


「失礼ね。アタシ、茜。このおうちの末っ子姫よ!」

茜ちゃん



これはこれは失礼しました。
茜ちゃん、ツヤツヤピカピカの黒サビちゃんですね!
そこだけ陽がさしたような左眉あたりの茶トラ模様が素敵です。

K.S様はユーモアに富む方とみえて
茜ちゃんのことを「デビル顔の猫(性格もデビル)」と仰いますが
サビ猫ファンにとってはたまらないお顔(そして性格)です。
サビ猫と暮らしていると、賢さ、繊細さだけでなくて
気が強くてすぐに手がでるところまでが可愛くて仕方なくなってきます。
そうやってカッとなるくせに、とても臆病でガラスのハートだったりするのです。
いや~ サビって可愛いですよ~ (///▽///)


K.S.様、思い切ってご購入くださってありがとうございました。
ハデな和柄ですが、不思議とどんな柄の猫さんにもよく似合いますね。
お部屋のインテリアファブリックの色合いともよく合っていますね。
冬、コタツの横にこのベッドが置いてあったりするのもいい景色だろうと思います。


-------------------------------------------------------

生地を買い、ベッドを縫っているときに、ブログ等で拝見している
よそのおうちの猫さんやインテリアを思い浮かべて縫っていることがよくあります。
「●●さんちみたいな英国風ガーデン&インテリアのおうちだったら
きっとこんなベッドがよく似合う」とか
「XXXさんちみたいな昭和レトロを目指しているおうちと猫ちゃんずには
こういうベッドがぴったりに違いない」とか
ひとりで勝手にあれこれ想像してニヤニヤしております。
それが私の密かな楽しみでもあります。

再販等がたてこんでいたのでなかなか新作がアップできませんでしたが
今週末か来週頭にプチアップをしようかと考えております。
決まり次第またこちらでご報告いたしますので
どうぞよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

時々オトメ

2008年08月27日 15:11

連日天気が悪くて、なんだか気持もはっきりしないような曇天が続きます。
暑いのは困るけれども、スコーンと晴れてくれた方が
家事も作業もはかどるような気がします。

小雪丸の誕生日記念ということで送料無料フェアをいたしましたが
これまで購入をためらっていた方が
えいやっと買ってくださったというケースが何件かありました(^^;
サイズ違いでの再販のご依頼と、生地お持込のオーダーメイド等のお申込みもあり、
ショップに上げている商品にはあまり動きはないのですが、
実はテンチョーは毎日綿にまみれております。
ありがたいことです。気合を入れないといけませんな。



そんな折、お盆前に注文していた生地がちらほら届き始めました。

乙女な小花ブーケ等



もうこの真ん中の小花柄のかわいいことといったらありません。
テンションが否が応でも上がります。
私は普段はカッコいい系かちょいとコワモテぐらいの柄が好きなのですが
時々オトメな気持が盛り上がってしまうときがあり
そういうときには可憐な模様の生地を買ってしまうのです。

今回も、そうやって購入した小花柄の生地が3種類ほどあります…
ぐふふふふ


一番左の生地はアメリカからの輸入生地です。(他2枚は国産)
なので国産品よりも織りの質は下がります。
ただし色と柄にはコットンプリントといえども
さすがアメリカと思わせる重厚さがあります。
デザイナーものなので、お好きな人がみたら
「げっ!?これで猫ベッドつくるの?!勿体無いー!」と思われるかもしれませんが
作ってしまいますとも(^皿^)

たとえ売り物といえども、「うちのコのために」と飼主さんが気持を籠めて
とっておきの生地を選んで縫うのと、同じスタンスでやっていますから。



小さいフライパン

2008年08月26日 08:30

先日、小さいフライパンを買いました。
そのままオーブンに入れられる、一人分の目玉焼きが
焼けるぐらいの小ささのフライパンです。

毎朝夫のお弁当を作っていて、
一人分のちょこっとしたおかずを作ったり
温めなおしたりするのに重宝しています。


それまでは大きなフライパンでやっていたのですが
どうしてもムダな(?)面積ができてしまって
タレがあっという間に蒸発してしまうとか
焦げついてしまうとか、そういう痛い目に何度か遭いました。

「仕方ない。こういうものなんだ」と思い込んでいたときに
ふとめくった通販雑誌で小さなフライパンが目に入りました。
即注文し、今では毎朝のように活躍しています。


日常生活の中で感じているちょっとの不便、ちょっとの不満を
「だけどまぁこんなものでしょ」と思い込んで我慢していることは
誰しも多いと思います。

猫ベッドでも同じです。


「ここに猫ベッドが置けたらいいんだけどなぁ。」

「猫が愛用しつづけても型崩れしないといいんだけどなぁ。」

「市販の猫ベッドは色柄が気に入らないんだよなぁ。」

「洗濯に耐える猫ベッドはないのかなぁ。」

「格好は可愛いけど素材がアクリルで、抜け毛の掃除がしにくいんだよなぁ。」


そういう不満を感じたことがある方は多いと思います(^^;
私もそうでした。
楽天市場で検索しては安いベッドを買って、すぐにぺちゃんこになったり
手入れがしにくくて毛まみれになってうんざりさせられたり
縫い目で生地が裂けて3日でダメになったり、
ウ●コをつけられて洗おうと思ったら「洗濯不可」と書いてあったり…orz
ちょっと高いベッドを買っても、猫心をくすぐるような
ひもなどが縁に縫い付けてあったらもう大変です。
格好の攻撃対象になってあっという間にボロボロです。


そらまめ屋の猫ベッドは、私の「こんな猫ベッドが欲しい」という想いを
ぎゅうぎゅうに詰め込んだベッドです。
現在は噛み付き対策仕様のベッドも製作しております。
(もちろん布製品ですので限界はあります)
生地持込み、大きさ指定のオーダーメイドも承っておりますので
是非あなたの「こんな猫ベッドが欲しい」というご希望を教えてください。

意外と解決策はあっさりと見つかるかもしれません(^^)


エルくんのベッド

2008年08月25日 08:28

背後から驚かされて、反射的に夫の額に裏拳をいれてしまった店長です。
皆様、いかがお過ごしでしょうか。

先日の送料無料フェアのときに再販をご注文くださった
S様からのメールをご紹介いたします。

S様は昨年里子に迎えられたエルくんのためにベッドをご注文くださいました。

エルくんとお姉ちゃんたち


ビーグルのお姉ちゃん二人と暮らすエルくん。
仲がよさそうで微笑ましいですね。
以下、お客様からのメールを引用します。




本当に迅速なお仕事、ありがとうございました!
想像通りの素敵なベッドで、飼い主大満足しています。
色合いはネットで見るよりも実物の方が水色が薄い感じですが、とっても良いです。


ふかふか具合も良く、ふちもヘタリそうも無いです。
側布と底布の間に入り込んだ猫毛が取れにくいのではないかと
ちょっと心配していたのですが(どのベッドにも言えることですが)
それも大丈夫そうで、ほっとしました。


「これ、ボクのん?」
これ、ボクのん?



ここにおけると良いんだけどな・・・と勝手に思っていた出窓にぴったりでした!
お気に入りの、鳥や虫の観察ポイントなのです。
エルにもちょうど良いサイズでした!


「ここに入ってもいいのかな?いいんだよね?」
えっへん!


エルくん、最高のポジションにベッドを置いてもらってご満悦です。
猫さんのお気に入りスポットにベッドを置いてみると
すぐに馴染んでくれるみたいですね。
おむし、おむし



翌日からはすっかりベッドが気に入ってしまって
呼んでも耳でしか返事をしてくれないというエルくん(^^;
ぎゅむ~



淡い茶虎と白というエルくんの毛の色と、ベッドの生地の色がぴったりです。
飼主さんが一番そのコに合うものをご存知なんですね。
S様にもエルくんにも気に入ってもらえたようで、何より嬉しく思います。


S様からのメールにもありましたが、
猫ベッドの内側にくる、底布と側布のつなぎ目には、どうしても毛がたまりがちです。
掃除するときには思い切って猫ベッドを全て裏表にひっくり返して
粘着テープなどでコロコロすると、掃除が簡単です。
そらまめ屋の猫ベッドは、ちょっと手荒にラバーブラシなどで擦っても、
簡単には破けませんのでどうぞお試しください!

再販のお客様

2008年08月21日 08:47

今日はブログをお持ちのお客様おふたりをご紹介します。
おふたりとも再販をご注文くださり、愛猫さんの当店猫ベッドに対する反応を
記事にしてくださっています。



ネコ白血病のキャリアではあるけれども
ワンコのお姉ちゃんと楽しく暮らすむうこちゃんです。
「ぐるぐるむー」

サビ猫つながりでむうこママであるmichikoさんとテンチョーは知り合いました。
独特なテンポのブログで、記事がアップされるたびにニヤニヤしております。



「玉屋えゐち」を開店なさった、巨猫団のえゐちさんのブログ、
「えゐちびゅー」

黒猫率が高いのと、お手持ちの茶箪笥とコーディネートしたいということで
黒地の家紋柄ベッドをオーダーしてくださいました。


猫を愛するお二人の人柄がつたわってくるブログです。
猫ベッドに対する嬉しいご感想を書いてくださっていますが
これから使ってゆく中で「うう~ん…」と感じる場面があるかもしれません。
そんな「ちょっとここがイケてないんだよな~」というご指摘も
この先うかがえるのではないかとテンチョーは期待しております!


クロくんのベッド

2008年08月20日 09:34

金魚ベッドのLサイズを再販でご購入いただいたお客様から
嬉しいご連絡とお写真ををいただきました。


「クロです。おとうちゃんにベッドを買ってもらいました!」
クロくんです



以下、お客様からのメールを引用します。

ベッドが届いてから一週間たちました。
はじめはベッドというよりは、ネコじゃらしで遊ぶときの隠れ家?(縁の中に隠れようとする)として
使用しておりました。が、やっと最近ベッドということを理解してくれたようで、
夜中、消灯した後にはこのベッドで丸くなって寝ております。
サイズはジャストフィットです。(体重7kg弱)
本当はその光景をお見せしたいのですが、夜中に電気をつけると起きてしまいます。
よい写真が撮れましたらお送りします。



「寝るのもいいけど、これに入って獲物を狙うのも楽しいんだよ。知ってた?」
けっこういいよ、コレ。



「でもやっぱり眠くなってきちゃ…ふあああああー!おねむの時間だにゃ~」
ふああああー!



繊細でとても賢いというクロくん。
開梱したけどなかなかベッドとして使ってくれないというメールを先にいただいていて
「あわわ!せっかくお金を出して買ってくださったのに(汗)」と
テンチョーは気になっていました。
今はちゃんとベッドとして使ってくれているようで、ホッとしました。
クロくん、毛の黒と、黒い金魚の模様がマッチしていてステキですね。


再販のメールはお気軽にお送りくださいね。
さくさく縫わせていただきますので時間も実際には
さほどいただかずに済んでおります(^^)

送料無料の三日間、お見逃しなく~♪

2008年08月17日 13:48

雪ちゃん誕生日なんでしゅ



  ■■■送料無料フェアいたします!(一部地域を除く)■■■

  店長宅の末っ子、小雪丸が8/19に1歳の誕生日を迎えます。
  手前味噌企画で恐縮ですが、この喜びを皆様と分かち合いたいと思い、
  8/19午前0時(つまり8/18の深夜0時)から8/21午後11時までの間に
  ご注文いただきました分については、送料を無料と致します。
  北海道の方は300円ご負担下さい。
  沖縄、離島につきましては別途ご相談とさせていただきます。
  この期間に承った再販・オーダーメイドのご注文に関しても送料無料です。
  「高いよな~せめて送料無料にしろよ~」と思っていた方!
  是非この機会をお見逃しなく

  メールを下さる方にお願いなのですが、再販のご相談のメールは、件名を「再販について」、
  オーダーメイドのご相談のメールは、件名を 「オーダーメイドについて」となさってください。
  また、再販・オーダーメイドをご希望の方は、希望するベッドのサイズと個数もご明記下さい。
  あれこれ申しましてすみませんが、スパムメールの量が多いため、
  誤ってご注文のメールを削除してしまわぬよう、ご協力くださいm(_ _)m


別なサイズのベッド製作について

2008年08月16日 11:12

Mサイズメインでの新作をアップしたところ、「Lサイズを作る予定はないのか」との
コメントを複数の方からいただきました。

一度のアップで同じ生地のサイズ違いがなければ
基本的に作る予定はないとお考えくださいm(_ _)m

「Lサイズ出ないかな~」とお待ちいただいていても
おそらく自発的には作らないと思いますので
お手数をおかけして恐縮ですが、メールにてお問い合わせください。

個人でやっているため、出来る限り在庫を抱えないようにしております。
どうぞご理解ください。


只今、再販やサイズ違いでのご注文を承りましたら
入金確認から3日以内に製作可能です。
どうぞ遠慮なくお申し越しください (^0^)ノシ

新作アップしました

2008年08月14日 15:24

新しい猫ベッドを5つアップしました。
黒猫柄ベッドLサイズと、パステルカラーの和柄ベッドMサイズ2種類は
側布に猫さんが噛みついても中綿がすぐに出てこないような構造にしてあります。
もちろん、何度も噛み付いては引っ張ることを繰り返していたら
側布は裂けてしまいますが、いきなり中綿がとびだしてこないように
丈夫な構造にしてあります。
布製品に噛み付いて遊ぶ癖があるから…と
これまで布ベッドを敬遠してきた方も、ご検討ください。

8月の新作




ラブリン王子のベッド

2008年08月13日 11:40

今日は、南仏プリントベッドをお買い上げのM.S様からのメールをご紹介します。



そらまめ屋さんの、既製の物にはない素敵な柄(模様)の猫ベッド、
欲しいなと思いつつ、なかなか素敵なお値段なので手を出すのを躊躇しておりましたが、
開店の日から毎日HPを見ていて、毎日欲しいと思う気持ちがなくなりませんので
7月が終わったことを契機に、この度注文した次第でございます。



M.S様、注文するまでの助走が必要だったようです(^^;
確かに当店のベッドは安くありません。
楽天市場などで検索すれば、安い猫ベッドはいくらでもヒットしてきますもんね。
こういったご注文メールでしたので、ご注文の品をお送りする際にも
「…気に入っていただけなかったらどうしよう…」と
店長はハラハラしておりました。


商品が到着したとのご連絡をいただいて、
下記の文を読んでホッとしました。


今回は素敵な猫ベッドに巡り合えて満足です。
最初は、やはりお値段が高いので躊躇しましたが、思い切って購入して良かったです。
生地も縫製もしっかりしていて、お値段分はあると納得しました。
何よりお猫様が気に入ってくれたのが1番嬉しいです。
ありがとうございました。



M.S様の「お猫様」:ラブリン王子(14歳)です。

ラブリン王子正面

14歳には見えないきりりとしたお顔です(>▽<)


ラブリン王子は商品到着の時からベッドに興味津々。
これボクの?


…って、あれ?王子?
そちらはビニールですが?(汗
ビニールはやっぱり最高や~

ビニールフェチの王子、しばし夢中でOPパックを舐めておいでだったそうですが
いつもお昼寝をしている窓のそばにベッドを設置したら、
すぐにベッドに入ってくれたそうです。よかったよかった。
ベッドよりも包んでいたビニールの上で香箱を組んだり
ダンボールに落ち着いたりされちゃったら、ちょっとツライですから!


大きさはいかがでしょう、王子。

「うん。なかなかいいサイズだ。ボクにぴったりだね。」
う~ん。なかなかいいぞ。


以下、再びM.S様からのメールを引用します。

日に日に(ラブリン王子が猫ベッドに)入っている時間が長くなってきて、
最近はどこに設置しても昼間はたいてい猫ベッドで寝ています。
お陰でもう毛まみれに・・・。
1か所に固定した方が落ち着けるかなと思ったのですが、
「午前中はリビングの窓辺で寝たいから、そこに猫ベッドを持ってきて」とか、
「今から(午後)から、寝室の人間ベッドの上で寝るから、
そこに猫ベッドを設置せよ」とおっしゃられるので、
1日に3~4回はベッドが移動します。
実際、いつもは窓辺でお昼寝している時間に
窓辺の辺りでウロウロ落ち着かないので、
そこの昼寝用座布団の上に猫ベッドを置いてみると
待ってましたとばかりに中に入って寝ました。

カラーボックスはもういいや。

8月6日・夜の王子。本寝にはまだ早い時間ですが、
大好きなカラボ・ベッドもそっちのけで、みっちり詰まっていました。




カラーボックスの上に幾重にもタオル等を敷いてもらっているのに
床の上のベッドでくつろぐ王子を拝見し、私も猫ベッド屋冥利に尽きます。
M.S様がラブリン王子の行く先々にベッドを置いてみると
ちゃんとそこに収まってくつろいでくれるそうです。
気に入って使ってもらえている様子がうかがえて、何より嬉しいです。

M.S様、今回は楽しいメールとラブリン王子の写真をたくさんありがとうございました。
またご縁がありましたらどうぞよろしくお願いします

次回新作アップのお知らせ

2008年08月11日 17:20

世の中はお盆休みに突入ですが
次回の新作アップは8月14日(木)の午後~夜を予定しております。

今回はかわいい黒猫模様のベッドもあります(^^)
是非ご覧ください。



店長はこの暑いのに本日は三宮~元町界隈をウロウロしてまいりました。
尾道から友人が訪ねてきてくれたので、はりきって出かけました。
紅茶専門店で茶葉を買ったり、北欧雑貨店で価格の高さに目を全開にしたり
雑貨店でそらまめ型の箸置きや兎をかたどった砂糖壺などをみて悶絶したり
普段、自宅とスーパーの往復ぐらいしかしない生活をしているので
それはそれはエキサイティングな時間を過ごしました。
興奮しすぎてやや空回りしていた感すらあります・・・・


雑貨ってなんて素晴らしいのでしょう。

なくても困りはしないけど、なかったら生活が味気ない。

それこそが雑貨の味わいだと思います。


まぁ… 欲しいと思ったものが全部買えるわけないんですけどね…


今日も結局雑貨は一点も購入せず。
フードを目の前におかれて「待て。」をかけられている犬のように
ヨダレをだらだら垂らしながらも我慢しました(涙
置き場所とか、使い勝手とかを冷静に考えると、ためらってしまうんですよね。
(ってか、そんなもんばっかり欲しがるなって)


私は即断即決で買えない(買わない)場合には
「三日経っても欲しかったら買う」ことにしています。
皆さんはどうなさっているんでしょう?
やっぱり「一晩寝てから再度考える」とかなんでしょうか。

縫製のこと

2008年08月07日 18:10

今週は人の服ばかり縫っていました。といっても
夫のシャツと、頼まれもののワンピースとの2着しか縫っていませんが。

服を縫い始めた最初から、「あ~、あれ、ハンドメイドだね」と
一目で判るようなものは絶対に縫いたくないと思っていました。
ファンシーなスカートとか、明らかにヨレヨレな縫い目のものとか
どうみても手芸コーナーの布で作ったとしかみえないものとか。
目指せ、既製服!と思っていました。

直線縫いが美しくできる職業用ミシンを買い、
布端の始末のためにロックミシンを買い、
洋裁学校にも通った効果があったのでしょうか。
毎日沢山の服をみているクリーニング店の店員さんに
「既製服かと思った」と言われるほどのシャツを縫えるようになりました。

次に目指したのは、高級御仕立て服の技術でしたが
これはもう、職人にならないと難しいレベルでしたので
あっさりあきらめました。

服を買うときにみるポイントは、裏側の布端や糸端の始末と
縫い目の大きさです。
安い服は縫い目の一針が大きいのです。
同じ距離を縫うのに、細かい針目でたくさんの糸を使うのと、
大きな糸目で少ない糸で済ませるのと、コストはどちらがかかるでしょうかという
単純な計算ですね。
また、全然色目が異なる糸くずが縫いこまれていないか、
最後の始末はきちんとしてあるか、裏地は糸がつれいてないか、
ダーツやタックの仕上げはきちんとしてあるか、
襟やポケットは左右対称に仕上がっているか等
少し気をつければ、その服がどのように縫われたのかが判ります。
百貨店に入っている、名のあるブランドの服でも
裏を返してみてあらびっくりな事も多々あります。

そういう自分はさぞかしステキな服を着ているんだろうな、と
つっこまれると困りますけれども…。


ペット用品も同じことです。
縫製がしっかりしているかどうか、
詰め物がちゃんとしているかどうかを
自分の服を買うときのようにチェックなさることをお薦めします。
そらまめ屋の猫用ベッドは、底布と側布を縫い付けるときに
都合2回は同じところを縫っているので丈夫です。
(底布と側布を縫い合わせたときの縫い目は
 表にでないようにしてあります。)

また、底布は縦2本・横1本の縫い目で区切った
6つのブロックに分かれていますが、
縫い目としては実は6本の縫い目で構成されています。
それぞれ、真ん中から外側にむけて縫っているのです。
こうすることで、一箇所ほつれても、その縫い目が端っこまで
全部ほどけてしまう事態が避けられるからです。

ベッドを前足で掘るしぐさをしてから入るネコさんや
フミフミするネコさんもいますが、爪がひっかかって底布の
糸がでてきてしまっても、そうすぐには縫い目がほつれないようにしてあります。
是非お試しください(^^)

生地と仕込み

2008年08月06日 21:26

私はいつも生地を買うときに、素材や織りだけでなく色柄も重視しています。
一目惚れした生地で縫ったベッドはあっという間にオーダーが入ることが多く
そういうときには心底から嬉しいのです。

ああ、よかった。

この生地を気に入ってくれた人がいた。


お客様と「これイイ!」と思う感覚を共有したという手ごたえと
好きでいてくれる人のもとに旅立つベッドの運命とを思って
とても嬉しくなります。


しかし、私が気に入る生地は大抵高価なのです。
日暮里やユザワヤ等大型手芸材料店、町の生地屋さんにゆけば
いくらでも安い生地は売っています。
そういう生地は大抵が薄くてぺらぺらだったり
色柄もチープな感じが否めません。
そんなものを部屋に置いて毎日眺めたいでしょうか。

せっかくお金を出して買うのですから、
気に入ったもの、いいものを買って、毎日それを目にしたときに
快い気持になるようなものを選んでいただきたいなと
そんな風に考えていますが、最終的な値段を計算してみて
ううううーーーん…と唸ってしまうこともしばしば


「8,000円以上のベッドなんてナンセンスかしら?」
ちゃんと考えてる?


う~ん。
お金払う側にしてみたら、敷居が高いですよね(笑)
だってペット用のベッドですから。消耗品ですから。


稀に、ぺらっぺらの生地でも、色柄に猛烈に惹かれるものに出会います。
そういうときには接着芯を貼ってでも形にしたいと思います。
接着芯の実費と、それを裁断して貼る工程が増えますが
それでクリアできる問題ならばお安い御用です。
接着芯を貼ったり、柄あわせを考えたりする仕込みの時間も
たいへん楽しいものです。


生地を持ち込んでのオーダーを考えている方で
ぺらぺらの生地なんだけど、どうしてもこれで作って欲しい、という方がおいででしたら
一度ご相談ください。薄さや織りの粗さをみるために
布の下に雑誌等を置いて撮影した画像があるとなおいいです。
仕込みで解決できる問題かもしれませんので、諦めないでくださいね。


トラ吉くんとあさりちゃんのベッド

2008年08月04日 07:29

暑い毎日ですね。何でもかんでも冷蔵庫にいれないと
もたないようになってしまいました。

前の晩に作ったおみおつけを煮返すのを忘れて

昼前には腐らせてしまった店長です(;´▽`A``





先日、ベル柄ベッドをお買い上げくださったお客様から
かわいいお写真とメールを頂戴しました。




トラ吉くん、9歳です。体重は6kg。ちゃんとLサイズのベッドに収まってくれています!

10081901983.jpg


あさりくん、1歳です。体重は5.7kgです。なんだかわくわくしながらもベッドに収まってくれていますね~
あさりくん


以下、お客様からいただいたメールの文章をそのまま転載します。



あさりくんがまだ若くて超いたずらっ子なので、
ベッドを最初おもちゃと思って、へりのところをがぶがぶ
かじって・・・さっそく牙で穴を開けてました。(泣)
でも、夜もベッドでぐっすり寝ていて、とっても気に入っている様子です。



ああああ、あさりくん?!

ベッドを嚙まないでくださいね(汗

ベッドの縁に噛みついてみる猫さんは多いみたいですね。
最初だけで、いつまでもかじり続けることはないようですが
せっかくお買い上げいただいたベッドが
あっという間に破壊されてしまうのでは勿体無いですよね。

表布に穴が開いても、すぐに綿が飛び出てこないように
何か工夫する必要がありますね…

今、考えていることがありますので
それを試してみようかと思います。


お客様からいただくご報告やご質問のメールは
私だけでは気づかなかった点を気づかせてくれる
大変ありがたい内容が多く、感謝しております。
こういうのがモノを作ることの醍醐味かもしれません。



最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。