スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

縫製のこと

2008年08月07日 18:10

今週は人の服ばかり縫っていました。といっても
夫のシャツと、頼まれもののワンピースとの2着しか縫っていませんが。

服を縫い始めた最初から、「あ~、あれ、ハンドメイドだね」と
一目で判るようなものは絶対に縫いたくないと思っていました。
ファンシーなスカートとか、明らかにヨレヨレな縫い目のものとか
どうみても手芸コーナーの布で作ったとしかみえないものとか。
目指せ、既製服!と思っていました。

直線縫いが美しくできる職業用ミシンを買い、
布端の始末のためにロックミシンを買い、
洋裁学校にも通った効果があったのでしょうか。
毎日沢山の服をみているクリーニング店の店員さんに
「既製服かと思った」と言われるほどのシャツを縫えるようになりました。

次に目指したのは、高級御仕立て服の技術でしたが
これはもう、職人にならないと難しいレベルでしたので
あっさりあきらめました。

服を買うときにみるポイントは、裏側の布端や糸端の始末と
縫い目の大きさです。
安い服は縫い目の一針が大きいのです。
同じ距離を縫うのに、細かい針目でたくさんの糸を使うのと、
大きな糸目で少ない糸で済ませるのと、コストはどちらがかかるでしょうかという
単純な計算ですね。
また、全然色目が異なる糸くずが縫いこまれていないか、
最後の始末はきちんとしてあるか、裏地は糸がつれいてないか、
ダーツやタックの仕上げはきちんとしてあるか、
襟やポケットは左右対称に仕上がっているか等
少し気をつければ、その服がどのように縫われたのかが判ります。
百貨店に入っている、名のあるブランドの服でも
裏を返してみてあらびっくりな事も多々あります。

そういう自分はさぞかしステキな服を着ているんだろうな、と
つっこまれると困りますけれども…。


ペット用品も同じことです。
縫製がしっかりしているかどうか、
詰め物がちゃんとしているかどうかを
自分の服を買うときのようにチェックなさることをお薦めします。
そらまめ屋の猫用ベッドは、底布と側布を縫い付けるときに
都合2回は同じところを縫っているので丈夫です。
(底布と側布を縫い合わせたときの縫い目は
 表にでないようにしてあります。)

また、底布は縦2本・横1本の縫い目で区切った
6つのブロックに分かれていますが、
縫い目としては実は6本の縫い目で構成されています。
それぞれ、真ん中から外側にむけて縫っているのです。
こうすることで、一箇所ほつれても、その縫い目が端っこまで
全部ほどけてしまう事態が避けられるからです。

ベッドを前足で掘るしぐさをしてから入るネコさんや
フミフミするネコさんもいますが、爪がひっかかって底布の
糸がでてきてしまっても、そうすぐには縫い目がほつれないようにしてあります。
是非お試しください(^^)


コメント

  1. なちゅ | URL | AzmySJ4g

    あちゃー……
    和柄が順調にはけているようで。
    先日は悪魔のささやき(笑)と、アメリカまでも発送してくださるとのコメントありがとうございます。
    もの凄く、心が揺れましたとも、ええ!
    でも、今回はぐっと、我慢しようかと思います。
    やはり、アメリカからの帰国はなるべく荷物を減らさなくてはいけませんし、ダーリンの方もクソ暑っい中、年齢的にキツイ転職活動を展開していますので。

    でも、nicoさんの店長日記を読んで、こだわりの猫ベッドを、いずれ、ぜひ!と思う気持ちが強くなりますねぇ。
    アメリカの量販店で買う既成品はものすごく縫製が雑なんです。デザインやプリントの柄、色遣いとは悪くはないどころかわたし好みものが多いので、とても残念なのですが。
    アメリカも日本も生産させるのは工賃の安い中国やその他の国なのでしょうが、品質管理が飛びぬけて厳しく優秀だと実感します。

    ああ、また長々と書いてしまいました。
    すいません。
    でも、きっと日本に帰国しましたら、猫ベッド購入しますね!

    p.s
    ちょっと、間が空いてしまいましたが、nicoさんが撮影した原田さんの写真、彼氏はかじりついて見ているようです。(笑)
    私がモーリーの写真を撮ってメールで送ってあげないのが悪いとの噂もありますが。(えへ)

  2. nico | URL | -

    >なちゅさん
    和柄ベッド、売れましたねぇ。
    でもまだ一台ありますよ~(^皿^)

    縫製というと小難しいですが、つまりは造りですよね。
    アメリカに今でている製品も、日本のそれも
    中国、ベトナム、バングラディシュで
    縫製されたものばかりだと思いますが、店頭に並ぶ商品として
    日本人が要求するクォリティが高いのでしょう。
    「きちんと縫ってあって当たり前」ですもんね(^^;
    でもね、安いウォッシャブルの布団や枕って、なんかゴロゴロするな~と思って
    ほどいてみると、木っ端が入っていたりするんですよー!
    made in China はリスキーです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://soramametencho.blog59.fc2.com/tb.php/17-fb031582
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。