スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リンゴくんのベッド

2008年07月29日 10:41

金魚柄ベッドをお買い上げくださったお客様から
メールを頂戴しました♪
以下、ピンク色の文字はお客様のメールからの引用です。



心待ちにしていた商品、木曜に無事届きました。
迅速なご対応、丁寧な包装、そして何より金魚柄のかわいらしいベッドに
大大満足です!!
興奮する飼い主を尻目に、我が家のワガママ王子の反応は???


「これって新しいおもちゃでしょ?むふv」

おもちゃでしょ。






す、すみません。。

どうも噛み付いてもいい新たなおもちゃと勘違いしているらしく、
ヘリに噛みついてはベッドをひっくり返すありさま。。


おそらく今時季はフローリング床にひっくりかえっているのが彼のスタイルらしいので、
秋口からベッドとして正しくまるまってくれること、フミフミしてくれることを待つことにします。


「暑いときにはやっぱりフローリングに限るって!試してみなよ!」

フローリング万歳!


あはは そりゃそうだ!

リンゴくん、体重5.6kある男の子ですから
Mサイズでは小さかったかもしれませんね(汗
座布団としてでも使ってくれることを祈っております。
…もしかして、小さいからおもちゃと勘違いしているとか?!


(角型Mサイズは、店舗サイトにも明記してありますが
 体重4kgまでの猫さん用です(^^;
 ちょっとだらけた姿勢で寝るのが好きな
 うちの小雪丸(4.5kg)は、窮屈がって使わない大きさです。
 ご購入の際にはくれぐれもご注意くださいね。)

青い目に前髪模様という、一目見たら忘れられないお顔の
お坊ちゃん然としたリンゴくんですが、猫生の始まりは過酷だったようです。

リンゴくんは今から3年前、駐車場でフラフラとしているところを発見されました。
飼主のM.Kさんによると、

発見当時ひどい結膜炎だったため、ほぼ目が開いてない状態でして、
このままでは駐車場を出入りするほかの車によって
轢かれてしまうんじゃないかと弟(M.Kさんの弟様です)は恐れて拾ってきたようです。

リンゴくんの小さいとき


















あまりにもすごいお顔だったので、M.Kさんがひいてしまうほどだったそうです。


でも、リンゴがろくに目も見えてないのに、
確かに私の方を向いてちっちゃな体いっぱいに鳴くのを見て、

なんといいますか「僕はね、生きたいんだよ!」みたいなメッセージを感じてしまったんです。
それからはお腹の虫下しや、フロントラインやら、ワクチン、去勢手術、
夜のムダ鳴きとスプレー騒ぎに度々のオシッコテロ(治りましたが)、
最初の1年は格闘してましたね、育猫に。
ようやくちかごろ落ち着いた成猫になってくれました!


ええ話や~・°・(ノД`)・°・


苦労して育てた猫ほどかわいいものなのですよね。
M.K様、そんな大事なリンゴくんのためにと
そらまめ屋のベッドをお買い上げくださってありがとうございましたm(_ _)m




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://soramametencho.blog59.fc2.com/tb.php/3-a96f0c92
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。