スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LLサイズのベッドについて

2008年09月08日 23:35

そらまめ屋で作っている猫ベッドは
Lサイズがいわば普通サイズで、
Mサイズは小柄な猫用または9ヶ月ぐらいまでの子猫用です。
サイズについては置き場所のこともあるので
外寸を測った寸法をサイト内に明記してありますが
猫の寝方によってはやはりLサイズでも小さく感じられる方もおいでです。

内寸の見た目は確かに「Lというには小さいのでは?」と
思われても仕方がないのですが、型崩れ防止のために
縁の四隅をつまんで縫っているので、小さくみえているという事もあります。
実際にはちゃんとLサイズにふさわしい広さがあります。
側布と底布の間に手をさしいれてもらったらお解りいただけると思います。
猫が寝るときに、頭や背中、足先をつっこむだけの余裕は
しっかり確保してあるつもりでおります。


それでも、実際にはノルウェージャン、メインクーンといった
大きくなる品種の猫もいれば
避妊・去勢手術の影響でか、8kgをゆうに超える巨猫も存在します。

そういった猫向けにLLサイズを縫ってみようと思いたち、
昨晩、一台縫い上げてみたのですが……



でかい。



外寸で、縦46×横61cmあります。
内寸は、当店のLサイズベッドがすっぽり入る大きさです。
つまり、縫ったままの状態で既に縦38×横46cmあるわけです。

何を根拠にこのサイズにしたかと言うと
45×60cmの足拭きバスマットにゆうた(6.6kg)が寝ている姿をみて
「うん。かなり余裕がある!LLサイズというにふさわしい大きさ!」と
ピーンときてそのバスマットの大きさを元に底布の大きさを決めました。


しかし…
ほんと~にでっかいのです(汗
需要はあるんだろうか…と不安になるような大きさです。




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://soramametencho.blog59.fc2.com/tb.php/35-b612bc65
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。