スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

隙間騒動

2010年09月14日 10:13

昨晩夕食の支度をしていたら、突然大声で鳴く猫の声が聞えてきました。

ベランダから通りを見ても 猫の姿は見えず。
だけど「ギャーッ!ギャーッ!」という必死の大声は続きます。
声の感じからすると仔猫。

さては側溝に入り込んでしまったのだろうか。
それとも誰かが捨てていったのか。
慌てて戸締りをして出てゆきましたら、いたいた。

1階が飲食店、2階以上が2DK程度のマンションという中規模なビルと
いつもシャッターが下りているコンクリうちっぱなしのガレージ
(開いているのを見た事がない)との間の、ほんの30~40cmほどの隙間に
真っ黒い仔猫が絶叫しています。みれば生後1ヶ月ほど。

ヤツはこちら側に出てきたいのだけど、直径20cm強の雨どいにさえぎられて出てこられず、
隙間から必死に手をのばして「ピギャー!」と鳴いています。
私の姿をみてますます大声を出し「ここから出してくだちゃい!」と
右手をぎゅうぎゅうとのばしてきます。
野良の仔だったら逃げそうなものなのに逃げないところをみると
かなりせっぱつまっているのでしょう。


片や3mほどの高い塀、片やもっと高くて足がかりのないコンクリートの壁。
手前は雨どい。
後ろには出口がないようで、後ろに下がるという発想はヤツにはないようでした。


続きは長文なのでたたんでおきますね^^
お暇な方はどうぞお付き合いください♪


これはいかんと思い、工具や懐中電灯、キャリーをとりにゆこうと踵を返すと
見捨てられると思ったのか、ますます大声で鳴く仔猫(汗

大急ぎで戻ってきて、「焼津のかつお」をほぐして与えてみたところ
「うにゃうにゃうにゃうにゅ!」「ぐにゃぐにゃうにゃうにゃ!」と
鳴きながらもがっつきます。元気はあるようです。
しかしオヤツでつっても、どうやっても雨どいと塀のわずかな間からは
顔がだせないようでした。

人を怖がって後ろに下がって退路を見出してくれないかと期待していたのですが
私やお好み焼き屋のおっちゃんが覗きこんでも下がる気配がありません。
むしろますます隙間から出たがって騒ぎます。



雨どいを壊すしかないのか?

それとも塀の上にからバスタオルをぶらさげて、それにつかまらせるか?


手詰まりだったところにオットが帰ってきて
雨どいの接ぎ手部分(直角に曲がっているところ)を外せないかとがんばってみたものの
やはり外せず・・・ 人様のものなので壊すわけにもゆかず・・・

このままこの隙間で衰弱してゆくのを見守るよりないのだろうかと
焦ってしまいました。

真っ黒な仔猫はカギ型にまがった中途半端な長さのシッポをしていて
ピンちゃん(幼名:きんときまめ)を彷彿とさせます。
感情移入しちゃっているので、どうにも見捨てることができません。

とりあえず裏に回りこめるか見てくるわというオットに望みを託して
ゴキブリがカサカサと走りまわる環境で仔猫に話しかけておりました。
(Gが卒倒するほど嫌いなワタクシ。よく平気だったな~)


隣のブロックではビルが工事中で、問題のガレージの裏にまわりこめそうだという電話がオットから入り
「でもこんな小さな隙間にあの人は入れないんじゃないか」と
ハラハラしながら待つこと2分。

どすん、という音がして、それとともにバッと振り返って固まる仔猫。
オットの姿が隙間からちらりと見えた途端に
仔猫はダッシュでオットの脚の間をすりぬけて逃げ去ってゆきました。


後ろはばっちり開いた空間だったんじゃないのー!


なんでわざわざこんな隙間に入り込んで絶叫していたんじゃ!
後ろにちょっとゆけば自由の身だったんでしょ???


どうやらヤツは、自分がやってきた道を忘れて
出られない→出られない→どうやっても出られない→ハッと気づいてパニック
という状態だったようです。

バカー!(T△T)


「仔猫はアホと相場は決まっておる。冷静になれ、かあちゃん。」
だまされたんじゃよ。


まぁ、無事でよかった… ほんとに…


あの環境に這いつくばっていた自分にゾゾゾ。
ぽちっと応援してくださいな(ノ△T)

 にほんブログ村 猫ブログ 猫用品・グッズへ


コメント

  1. maquio | URL | -

    普段は絶対に覗くのも嫌、触るのも嫌な場所でも
    猫さん救出のためならエンヤコリャ~!
    剛健のため、歩道に這いつくばったあの日のことを思い出しました(ーー;)

    黒猫ちゃん、無事に脱出できたけど逃走しちゃいましたか~。
    んもー散々振り回しておいて!(苦笑)
    …実はワタシも数年前に泣き叫ぶしろ子猫を植え込みで発見。
    保護しようとするも反対側にいた旦那ッチの足元をすり抜け、逃走された経験があります…。
    (その後何度か探しに行くも見つからず…)
    大人しく捕獲されていたらもっと幸せになれたのにねぇ。
    と、思うのはにんげんの勝手でしょうかねぇ。
    立派に生き抜いてくれることを祈ります!!

    パニック状態から無事に脱出できただけで万々歳。
    本当におつかれさまでした(^^)b グジョブ!

  2. nico | URL | -

    >maquioさん

    maquioさんもそうでしたよね!
    お仲間だわ~( ̄ー ̄)
    保護に成功しましたよっ!
    黒いコだからmaquio家にどうかしら(笑)

    > 大人しく捕獲されていたらもっと幸せになれたのにねぇ。
    > と、思うのはにんげんの勝手でしょうかねぇ。

    可愛がってくれる人間ばかりではないですし、
    病気や縄張りあらそい、ゴハンの確保等々
    野良猫生活は、イエネコには過酷だと思います。
    イエネコは野生動物ではないし、うちの近所みたいな
    飲み屋街は野生動物が生きぬける環境ではありませんよねぇ…
    だから私は猫には家の中に居場所を確保してやりたいと思ってます(⌒▽⌒)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://soramametencho.blog59.fc2.com/tb.php/361-599a21d2
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。