スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「猫の學校」に参加してみました

2011年01月24日 08:43

22日、23日と 【猫の森】キャットシッター・南里秀子さんが
講師をつとめる「猫の學校」に参加しました。

「かあちゃんが勉強会に参加するなんて久しぶりやんな!びっくりしたわ。」
ゆうたさん


猫が暮らす環境を整え、快適にすることが猫の生活の質を上げる。

これについては、このブログの訪問者のどなたもが
「そりゃそうだ。当たり前でしょ」と思われるでしょう。

では、そのためには具体的に何をどうしたらいいと思いますか?
猫と人間が同じ空間で 互いに快適に心地よく暮らすためには
どういう視点・実際の工夫・判断基準 が必要だと思いますか?

私はこう考えてこういうフードを選んでいる、
こういうデータがあるのでこうしている、といった
ご自分の猫飼いとしての方針、価値観、行動、選んだ商品を書き出してみると
知らず知らずのうちに負担を増やしていたり、望ましくないモノを使っていたり、
考えている事(理想)とやっている事(現実)が矛盾していたりすることに気づくかと思います。
「フードは安全で猫の体に負担がかからないものがいい」と知っていても
安くて・保管しやすくて・猫のくいつきがいいドライフードを選んでしまう、とか(^^;


南里さんのこのセミナーでは、猫という動物の生態、本能、
そこから生じる欲求、ボディランゲージ等を学びます。
それら学術的な事実と5万匹以上の猫と接した実体験とをまじえて
「猫はこうしたがる」「猫はこれが好き」
「だからこういう風にすると猫は安心します」
「だからこういう事故がおきやすいので、それを防ぎましょう」
「こういったデータがあり、また、実際に猫の様子をみても
 こうだと思われます。だから私はこういう選択をしています」と
明解に教えていただけます。
(何かを売りつけられるとか、企業の回し者とかではありませんよー)


そして、猫飼いとしての方針を問われるのは
「自分が毎日をどう生きているか」
「どんな価値観でどんな選択をして暮らしているか」を問われる事だと気づきます。


「ほげー… ワシ、猫だから難しいこと言われてもわからんわ。」
ゆうたさん


他にもとても大切なことをいくつも教えていただきました。

何が「とても大切なこと」かは人それぞれだと思いますので
ここでは書きません。

参加なさった人が、それぞれ、自分にとっての大切なこと・気づき・オドロキを
南里さんから受けとられるのだろうと思います。

南里秀子さん、セミナーの準備をしてくださったスタッフのみなさん、
濃厚な2日間をありがとうございました。


猫と楽しく快適に暮らしたいですよね!
ぽちっと応援お願いします♪ (^▽^)
    にほんブログ村 猫ブログ 猫用品・グッズへ



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://soramametencho.blog59.fc2.com/tb.php/461-f93444b5
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。