スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋といえば

2011年10月05日 12:07

どもども。
10月に入ってからは怒涛の病院巡りをしているテンチョーです。
ようやく涼しくなりまして、あれよあれよという間に肌寒くなり
夜なんかは冷えるようになりましたね。

昨晩、体が冷え切って目が覚めました。
羽毛布団の上に薄いウール毛布をかけていたはずなのに何故…?と思ったら、
かけたはずのウール毛布がない。

冷えて冷えて、体がガタガタ震えるのを我慢して起き上がって見ると
自分のかけものを全部はいだオットが、
私のウール毛布をひょいと奪って寝ていやがりました。

速攻で奪い返しました。

オットを起こして、かけものをちゃんとかけさせないと…と考えていたら
わりとあっさりオットは寒さに気づいたようでして
はいだうえに体の下に敷きこんでいたかけものをごそごそとひっぱって
くるまっているではないですか。

最初からそうしとけー!ひとのをとるなー!


そんなぐらいに秋が深まっているわけなのですが
秋といえば芋類と果物が美味しい季節ですね。
次回お出しする予定の生地も、果物柄をいくつかいれようかなと。


次回の予定です
(画像はクリックで拡大。容量は150KB程度におさえてあります)

この右端のリンゴ柄の生地、焦げ茶もあってめっちゃかわいかったのですが
どの生地店でも速攻で売り切れていて入手できず
泣く泣く黄緑バージョンだけ仕入れました。グスン。

左から二番目の、上品な色合いの生地は、和柄の七宝模様みたいですが米国生まれです(^^)
こちらの色違いはちょっと下品な印象だったのでやめときました。
同じ模様でも配色が異なると、まったく感じるよさが違います。
面白いもんです。

ファブリックデザイナーになりたかったな~と、よく思い上がってつぶやいているんですが
生地が好きすぎて裁断したくない事が多いからアンタにはできないよ!とオットに笑われております。


以下、今後の予定をちょこっと。
今後の予定としては、10月は更新は1回だけとし、
11月にはクリスマスものを2回に分けて販売しようと思っています。

右股関節の臼蓋形成不全は私が考えているよりも症状が進んでいるようです。
右は、大腿骨頭が8割がた臼蓋からはずれちゃっていて
左は3割ぐらい。
自分の骨を活かす手術と、人工股関節に置換する手術とがありますが
前者を選ぶと入院3ヶ月は必至。ベッド上生活が2ヶ月(トイレもですよ…涙)
+松葉杖生活4ヶ月+リハビリ半年が普通なのだそうです。
つまり、1本の杖で歩けるようになるまで一年間かかります。
人工股関節にしても、入院は最低でも2ヶ月強。
勿論リハビリ生活はみっちりあります。

右脚はミシンのフットコントローラーを踏む足でもあるので
手術をしたら、しばらく猫ベッドは縫えそうにありません。
まだ手術をいつするか・どんな手術を選ぶかは決めかねていますが
猫ベッドは年内に作れるだけ作ろうと思っています。

ワシ、がんばる。



トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://soramametencho.blog59.fc2.com/tb.php/528-0a8f6251
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。