スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鶏ささみを柔らかく茹でる

2012年05月09日 17:13

ウェットフード多めの食餌にきりかえて10日ぐらいですが
小雪丸の目やにが劇的に改善されました。
雪はストルバイト結晶を出したこともあり、水分がネックになっているのは
わかっていたんですが、まさか目やにまでとは思いませんでした。
オシッコを溜めて1日2回まとめてしていたのも、今は1日3回、
それほど溜め込まずにするようになりました!


やっぱり水分だったか…


さてさて。手作りごはんとまではゆきませんが
水気が多いものを食べさせたいので、鶏ささみもおやつとして時々与えています。
しかし鶏ささみは普通に茹でたのでは固くてパッサパサになります。
やわらかくてジューシーな鶏ささみの作り方を載せておきますので
どうぞ試してみてください^^


用意する道具ものは 厚手のお鍋 と アルミホイル。
お鍋はル・クルーゼとかストウブのようなどっしりした鋳物が理想ですが
要はきっちり蓋ができて冷めにくければなんでもいいですよ。
下の画像は、ささみが細くて、量も少なかったので
大きなフライパンでやってみた時のものです。(分厚いガラス蓋使用)


ささみを柔らかくゆでるには


1.ささみのすじを取り除き(とってあるものならここは省けます♪)、
 キッチンペーパーでささみ表面の水気をしっかりとる

2.一本ずつアルミホイルでぴっちり包み、両端はねじりあげて閉じる

3.お鍋にお湯を沸騰させ、十分に沸騰したら火をとめて
  アルミホイルで包んだささみを静かにいれます

4.お鍋の蓋をして20分~30分放置


これだけでびっくりするほど柔らかくてジューシーな茹でささみができます。
簡単ですから是非やってみてくださいね(⌒▽⌒)ノ

  
ささみの量や太さにもよりますが、20分経過したら
一番太いものをお湯からトングなどでひきあげて
中心まで火が通っているかどうか、必ず確認してくださいね。
大丈夫ならアルミホイルをはがして、清潔なタッパにうつし、常温でよく冷ましてから
冷蔵庫に入れてください。冷蔵庫保存で3~4日はいけます。
冷凍はしたことないのですが…家庭用冷凍庫では、たぶん、パサパサになっちゃうかと思います。
人が食べても十分においしいです。
ほぐして粒マスタード+マヨ+ケチャップ+塩少々であえて
サラダにいれたり サンドイッチの具にしたりできます。 


※ポイント※

● ささみにスジをつけたままだと、スジ周辺に火がとおりにくく、血が残りがちになります。
  そこからディップがでてきて傷みやすくなるので、スジは頑張ってとりましょう。
● ささみを投入してから、お鍋の火の再点火は絶対しないでください。
● 使用するお鍋の深さやお湯の量はささみの量に比例します。
  たくさん作る時は大きなお鍋にたっぷりのお湯を沸かしてください。
  寒い季節には、お湯に浸しておく時間を長くする等してください。



高たんぱく低脂質のささみがちょっとの工夫でおいしく食べられます。
お試しあれ( ´ ▽ ` )ノ


トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://soramametencho.blog59.fc2.com/tb.php/563-63964af3
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。